父の教えと私の自立、男磨き

当時、私は目上の存在との交流などには興味があった。
父親に関して言えば、私は、休日の行儀の傍若無人でいて自分本位な佇まいと仕事帰りに酔っ払った姿の相反する二面性ぐらいしか印象に残っているものがない。
(さらに…)