できやすかったニキビ肌と向き合った結果

10代の頃、周期的にできるニキビが気になり、ニキビを潰したり、鼻パックをして毛穴を広げてしまったりしていました。

20代になるにつれて、美容に興味を持ち始め、色々と聞いたことを取り入れてみるようになりました。その中でも、一番効果的だったのが洗顔の方法を変えたこと。基礎的なことですが、今まで適当に済ましていた洗顔を見直し、きめ細かく泡だてた泡で顔を洗うよう心がけました。肌にとって天敵は、乾燥と摩擦。洗顔を優しくしているつもりでも、手で顔をこするだけで肌を傷めてしまう。そんな話を聞いて、たくさんの泡で、手のひらを顔につけずに円を描くよう、丁寧に丁寧に洗うようにしました。数日たって、肌の調子がよくなり、気づけばニキビや吹き出物ができにくくなっていました。時間に余裕がある時は、洗顔後、温めたタオルと冷水を交互に当てて、毛穴を引き締めるようにしました。それでも、睡眠不足や食生活が悪くなるとニキビができやすくなります。そういったときは、できるだけニキビに触れないようにして、生活リズムを整えるよう心がけています。

ノブ プロアクティブ