英語を話している国ってどこなのか

英語を話している国ってどこなのでしょうか。
実は、英語を話している国って約80カ国あるそうなのです。

英語を話している国って意外と多いのです。
英語を話しているといっても、国語に指定している国と公用語に指定している国があります。

北米で英語を話している国は、アメリカ合衆国とカナダです。
アメリカ合衆国は英語を話している国と大半の方が知っていると思います。
カナダは一部ではフランス語が公用語となっています。

中南米は少ないです。
スペイン語圏が多いのが原因ではないでしょうか。
ジャマイカやグレナダなどで英語は話されています。

ヨーロッパは欧州連合の国々で英語が話さています。

オセアニアでは、オーストラリアやニュージーランドなどで英語が話されています。
この地域は歴史的なことが要因なのではないでしょうか。

アジアでは、インドやフィリピンやシンガポールなどで英語が話されています。
アジアも歴史的なことが要因なのではないでしょうか。
あと、地域的なことが影響して、中国語や現地の言語を公用語として併用しているのが特徴です。

アフリカでは、カメルーン、ジンバブエ、南アフリカなどで英語が話されています。
アフリカもアジア地域と同様に現地の言語が公用語だったり国語だったりと併用という形になっている国々が多いです。

オンライン英会話のビジネスコースに通ってみる