クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象

総量規制という言葉はご存知でしょうか。消費者金融の過剰融資を防止するために、貸金業法という法律が改正され、融資を申し込んだ人の年収の三分の一以上の融資を行ってはいけないことになっています。ですが、年収が或る程度あるのに、消費者金融に申し込みを行っても融資を受けられないという悩みを持つ方もいます。

このような方の場合、もしかしたらクレジットカードを持っていて、そのクレジットカードにキャッシング機能がついているということはないでしょうか。クレジットカードのキャッシング機能も、実は消費者金融の融資の限度額、つまり総量規制の対象になっています。クレジットカードのキャッシング機能の上限金額が年収の三分の一に達していれば、貸金業法の総量規制の金額に積算されるため、消費者金融で審査を行ったとしても、すでに上限金額にまで達しているために審査を通せないことになります。

クレジットカードのキャッシング機能は気が付かないうちに付帯されていたり、増額になっているということもあるようです。一度クレジットカードのキャッシング機能をちぇっくして、不要なキャッシング機能があるようでしたら、解除を申し出るということもお勧めになります。